忘備録 意外と忘れる?楽天のURL各種メモ

公開日: 

こんにちはハカセです。 年末進行が既に始まっており、腰痛を抱え死にそうになりながらも、 楽しく仕事をしております。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて本日は楽天のサイト運営で忘れてはいけないけど意外と忘れる、 各種URLのメモを置いときますので、コピペして自店のURLに置き換えて、 日々の運営にお役立て下さい。

人は人生のうちの150日以上を物探しに費やしているそうです。 探さずに済む環境を構築することは、効率化の第一歩です。



url

楽天ショップの各種URL【保存版】

商品ページURL

PC・スマホ
http://item.rakuten.co.jp/店舗URL/商品管理番号/

MB
http://m.rakuten.co.jp/店舗URL/n/商品管理番号

カテゴリページURL

PC・スマホ
http://item.rakuten.co.jp/kitauroko/c/カテゴリ固有の10桁の数字/

MB(情報ページ)
http://m.rakuten.co.jp/店舗URL/p/情報ページ固有の5桁の数字

店舗TOP

PC(RMSで作成)
http://www.rakuten.co.jp/店舗URL/

PC(GOLDで作成)
http://www.rakuten.ne.jp/gold/店舗URL/

※ドメインが違うので注意。RMSは「co.jp」GOLDは「ne.jp」。

MB
http://m.rakuten.co.jp/店舗URL/

店舗レビューURL
PC
http://review.rakuten.co.jp/shop/4/店舗ID_店舗ID/

MB
http://m.review.rakuten.co.jp/m/shop/list/店舗ID/
※店舗IDとは受注番号の先頭の6桁の数字です。

まとめ的なアレ

いかがでしょうか? も何も無いのですが、これ以外にもよく使うURLなどをチートシート(cheatsheet)として、色々保存しておいていつでも開けるor開いておく様にすると、日々の業務がそれぞれ数十秒ずつでも早く終わらせる事が出来ます。 その数十秒ずつが蓄積されて、1日で言えば数十分、1ヶ月で言えば数時間、1年で言えば数日の時間を生み出す事が出来れば、その間にもっと建設的な未来へ向けての仕事が出来るはずです。 なんだかんだとこんな時間まで仕事をしている僕が言っても説得力が無いですが、楽しく仕事をして余暇を楽しむ事が出来ればそれに越したことはありません。日々の雑務に追われがちなネットショップの運営に於いてもその視点を忘れてはいけないのでは無いでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

ページ先頭に戻る