忘備録 楽天ページのお買い物かご周りのidとclassメモ(カスタマイズ用)

公開日: 

こんばんはハカセです。 本日は忘備録的に楽天のお買い物かご周りのidとclassをメモって置きます。

ぶっちゃけお買い物かごまわりのカスタマイズはあんまりおすすめしませんが、気合を入れたランディングページなどでは「お買い物かごに入れる」ボタンをかっこ良くしてみたりしてもいいのでは無いでしょうか。

効果検証してみたら、きっと「手間の割りにはあんまり効果なし」的な結果になる気もしますが、「転換率を上げる工夫はとことんやった」「あと0.001%でも上げたい」とかって人はやってみても良いかも知れませんね。

楽天市場お買い物かご周りのidとclassメモ

#pagebody 店舗が設定出来るページ全体の入れ物 #scrollUp,.nearCart 右下に現れるお買い物かごへ移動するボタン #rakutenLimitedId_cart 通常価格・販売価格など .double_price_title 通常価格のタイトル .double_price 通常価格の価格 .price1 価格の前の文字 .price2 価格 .tax_postage 税区分・送料区分 #normal_basket_8桁の商品ID 通常商品の買い物かごに入れるボタン .unit 個数のタイトル #bookmarkArea_0,.bookmarkArea,.bkm, .addBkm,.bkmStar,.cntBkm お気に入りとかその辺 .etc_link レビューを見るとか書くとかあす楽テキストとかテキストリンク .susumeruWidget,.susumeruWidgetInner,.susumeruArea, #susumeruArea_0,#susumeruParts_0 友達にメールですすめるとかそのあたり

まとめ的な何か

買い物カゴ周りの見た目の調整は、素人がうかつに手を出すと、必要な情報が伝わらなくてクレームが発生したり、買い物自体が出来なく(しにくく)なったりと危険が伴うのであんまりおすすめしません。

が、楽天さんもう少し見栄え良くなりませんかね?

tableの入れ子が複雑に絡み合っていて、classやidが指定されてなかったり、いまだにfontタグが使われていたり・・・。

まあ、文句を言っても仕方がありませんが、「お客さんに喜んでもらうため」に今日もページを改善しましょう。もちろんサービスや商品を改善することも忘れずに。

それではまた。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

ページ先頭に戻る