steamのセールの度に、このブログのアクセスが伸びる件。

公開日: 

先日ガリガリ君の梨味を食べながら、久しぶりにGoogle Analyticsの画面を眺めて今後のこのブログの方向性なんかを考えていたところ、月刊1万PV程しかないこのブログの約14%のPVがゲームの記事だったことが判明。

walking deadのゲームが日本語化されるまで仕事が進まない

結構真剣に書いてる楽天やEC関連の記事では無く、おふざけで書いたゾンビのゲームの記事がこのブログの生命線だ。努力は必ずしも報われる訳ではないが、闇雲のアウトプットでも当たる時は当たるってことだろうか。モチベーションが上がるような下がるような複雑な気持ちだ。

なんでその記事がアクセス集めてるのかを探ると、どうやらsteamのセールに関連性があるらしい。

steam

steamとはwikipediaより)
Steam(スティーム)は、コンピュータゲームのダウンロード販売、デジタル著作権管理、マルチプレイヤーゲームのサポート、ユーザの交流補助を目的としたプラットフォームである。開発および運営はバルブ・ソフトウェアによって行なわれている。

steamでは毎週の様にweekendセールやmidweekセールなどとして、特定のゲームのセールが行われている。更に季節ごとに大規模なセールも開催されており、中には90%OFF!とか普段買うのが馬鹿らしくなる様な価格設定のものもある。

そんなsteamのセールでウォーキング・デッドのゲーム(The Walking Dead)が75%OFF!とか定価で買った僕が涙目になる様な価格で売り出されたので、みんながこぞって「ウォーキング・デッド 日本語化」とかで検索した訳だ。

ちなみに「ウォーキング・デッド 日本語化」でググると、上記の記事が2番めに表示される。もちろん1位は記事の中でも紹介した海外ゲーム日本語化作業所である。

楽天市場関係の記事はスーパーSALEの1ヶ月前位になるとアクセスが伸びる傾向にある様だし、社会の流れを先読みして記事を書いたり、記事を手直ししたりするのは非常に有効だと思われる。多分ブログをやっている人にとっては当たり前の事なんだろうけど、楽天などでネットショップを運営している人たちは、忙しさのあまりにそんな事にも気づけていない人も多いんじゃないだろうか。

「7つの習慣」って本の中に木こりの話が出てきて、オンボロのノコギリで木を倒そうとしている木こりに「ノコギリ研いだ方が早く終わるんじゃね?」ってアドバイスをすると「忙しくてそんな暇ねえよ!」って木こりが言うんだけど、やっぱりどう考えてもノコギリを研いだほうが早い。

僕は毎日ノコギリを研げているだろうか?

思ってるよりはるかに早くノコギリは研げるし、効率は上がるものだ。忙しい時こそ何度でも思い出したい。

それではまた。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

ページ先頭に戻る