ドイツでGoogle法が成立。これヤバい?

公開日:  最終更新日:2013/06/28

日曜日の朝、のんびり朝刊などを読んでおりましたら、小さい扱いながらドイツでGoogle法なる法律が成立したとの事。

独「グーグル法」成立 検索サイトが報道機関にニュース利用料支払い|Jcastニュース

要は「検索結果にニュースを載せるなら金を払え」って話らしいのだが、誰が得するんでしょうか?


Google

ニュースをネット上で公開している報道機関のサイトも、有料化によってアクセス数激減なんて事になったら本末転倒では?と素人考えでは感じるのですが、どうなんでしょう。

「引用が最小限の場合や非営利の個人サイトでは対象外」との事ですが、個人であっても有名ブロガーさんなんかはそれで生計を立てている人もいらっしゃるので、非営利とは言えない?またその線引きはどこで行われるのでしょうか。

インターネットの事やコンピュータの事をきちんと判った上で法律は作られているのでしょうか若干の不安を覚えます。(僕が不勉強なだけであれば良いのですが・・・)

何にせよ、WEBに関係した職業についている以上Googleさんの動きは仕事にも大きな影響を与えるので引き続き見守って行きたいと思う所存です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

ページ先頭に戻る