楽天GOLDページのアクセス数を調べる方法

公開日:  最終更新日:2013/06/27

楽天GOLDのページのアクセス数を調べる

楽天GOLDはR-Datetoolのアクセス分析対象外

店舗のトップページを楽天GOLD(ftpサーバ)に設置している店舗も多いはず。人気店がそうしているから、真似してやってる人も多い?かも知れませんね・・・。他の事でも言えるのですが、楽天のサービスはそれぞれが独立していて連携していないものが多いです。当然の様に楽天GOLDではR-Datetoolでのアクセス分析は適用されず、アクセス数を調べる事が出来ません。

いったい何人がTOPページにアクセスしているのか判らない、そんな時代遅れ?の状態なのです。 これではTOPページの作成・更新にも力が入りません。

R−Storefrontのカテゴリページを利用する

アクセス解析を入れたくても、楽天GOLDではサーバサイドのスクリプトは使えません。(PHP・Perlなど)さらに外部リンクも不可なので、アクセス数を調べるには楽天内のページを利用するしかありません。ここでは調査用のカテゴリページを作ってそれを利用する方法をお教えします。

時代遅れ?のiframeも楽天では大活躍

楽天市場以外ではほとんど見かけなくなった?iframeを使用して、調査用のカテゴリページを楽天GOLDのページに読み込ませます。 見た目に影響を与えない様に、幅や高さは0にして、念のためvisibilityをhiddenにしておけばOK。

サンプルコード

下記コードを楽天GOLDでアップしたページのどこかに入れて、アップロードして下さい。ページにアクセスがあれば、R-Datetoolのアクセス分析ページにアクセス数が記録されるはずです。反映が翌日頃になるのがまた面倒なところですが・・・。

<style type="text/css">
	#acces {
		width: 0px;
		height: 0px;
		visibility: hidden;
	}
</style>
<iframe src="調査用に作成したカテゴリページのURL" frameborder="0" id="acces"></iframe> 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter

ページ先頭に戻る